肥満度・理想体重を計算    畑のきのこ〜糖尿病食のレシピ

糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表 糖尿病の食事レシピ 糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表  カロリー計算付き 糖尿病食ダイエットレシピ 糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表




2020年05月08日

1カ月で2kg減

 4月から産婦人科でホルモン療法(カウフマン療法)を始め、エストロゲンとプロゲステロンのホルモン剤を飲んで半月ちょっと。

 4月分は無事に生理が来たし、副作用もあまりなかったので、5月も治療薬を継続しています。

 以前もこのダイエットブログで書きましたが、女性は生理周期によって(特にエストロゲンの時期)、『痩せ期』が到来します。

 生理のある女性は、この痩せ期(エストロゲン期)を活用して、ダイエットを上手く進めると良いと言われています。

 ちなみに、後半でプロゲステロンが出始める時期は、むくみや便秘に食欲増進などあり、リバウンドしやすい時期なので、余計なカロリー摂取や多量の水分摂取など辛抱するのが大事です。

 1月と4月にカウフマン療法をしてみて、正月太りした1月は一気に5kgくらい減量できました。

 その後ちょっとリバウンドして4月に治療を再トライ。ただ流石に4月は簡単に痩せず、2kgくらいの減量にとどまりました。

 まぁ、内分泌化の専門医さんに、1カ月1kg減量し1年で6〜10kgも痩せたら凄いよ、と言われたことがあるので、1カ月2kg減っただけでも良しとします。

 余談ですが、大分前からバスタイムにダイエット器具を導入しています。私が付けた俗名『コロコロ手動マシン』を使用。

 正確な名前は『コジット ハイパーセルローラー』と言います。

 詳しくはリンクに飛んでみてください(・ω・)もう一つのダイエットブログ、『畑のきのこ』にて紹介しています。

 私が使っているダイエット器具(という程でもないけれど)は、これ1つだけなんですが、はけなかったスカートがはけるようになったので、正直、真面目に取り組めば効果があるものだと驚いています。

 お風呂で泡モコモコになっているときに、ハイパーセルローラーを体のあちこちコロコロすると、お肉がスッキリするんです。
  
 湯舟の中でもやってみましたが、その時はお肉が引きつって痛かったので、泡モコモコの時に滑らせて行うのがポイントです。

 体重がこれで減ったかは分かりませんが、ウェストは確実に減りました。引き締められただけなのか?本当に体重減なのか? 

 そこらへん謎ですが、スカートがまたはけるようになって嬉しいです(・ω・)


糖尿病食レシピ
   ◆レシピ一覧(写真無し) カロリー付き◆

   ◆レシピ一覧(写真有り) カロリー付き◆

posted by はたけ(^ω^)さん at 05:57 | Comment(0) | 目覚め・日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

カウフマン療法(ホルモン療法)を再開

 みなさん、おはようございます(´ω`)今日は雨模様の、はたけ家地方です。

 前回までこちらのブログで紹介してきた、サプリメントの大豆イソフラボン。主成分は大豆イソフラボンアグリコンですが、豆乳でも摂取できる成分でしたね。

 イソフラボン=女性ホルモンのエストロゲンに近い成分を摂取すれば、不正出血じゃないちゃんとした生理が起きて、さらに卵胞期が無事に始まれば『女性の痩せ期』に突入すると思って、サプリメントを使用していましたが、若干の体重減はあったものの、生理自体は来なかったのが残念。

 私の場合、精神科のお薬をどっちゃり貰っていて、最近また頓服利用が増えているほど重度の状態なので、おそらくホルモン系の問題としては、高プロラクチン血症がまだ続いている可能性もあります。

 先日の産婦人科の受診では、エコーを撮ってもらって、子宮の状態は厚みなど大丈夫と言われました。でも生理が来ないという事は、やっぱり高プロラクチンなど別要因があるわけで。。。

 仕方がないので、カウフマン療法を再開することになりました。今回は3カ月(3コース)続けてみることになります。

 カウフマン療法について、プレマリンとルトラールというお薬で生理を起こします。プレマリン(エストロゲン)を先に飲み、11日後くらいからルトラール(プロゲステロン)を追加で飲むという方法です。

 ずらして飲むためお薬の管理がちょっと大変ですが、何とかスマホのスケジュール機能など使って、やりくりしていくつもりです。今回は3コース(3カ月)続けてなので、正直、お薬の飲み忘れがないか心配ですが、やるしかない。

 3コース続けて、さらに1カ月以上、様子を見て自然に生理が戻ってきたら御の字なのですが、はてさてどうなることやら。

 ただ、プレマリン(エストロゲン)というサプリでなく、れっきとしたお薬を飲むと、ちゃんと『女性の痩せ期』が実現しまして、前回試した時も、5kgくらい減りました。お薬の実力、凄い!

 その後、カウフマン療法を数カ月ストップして様子見しちゃったので、体重増加(つまりリバウンド)した分もありますが、今また食事療法を頑張って少し減りつつありますので、さらにカウフマン療法をすることで体重減が見込まれ、個人的には多大なダイエット効果をすがる思いで期待しています。

 3か月後、一気に10kgくらい減ってくれないだろうか・・・(´・ω・`)

 まぁ、不健康なダイエットは危険だし、プロゲステロン(ルトラール)の追加時期には、リバウンドしやすく簡単に体重が減るだけという訳でもないので、食事療法と適度な運動を加えてダイエットにいそしむことにします。 


糖尿病食レシピ
   ◆レシピ一覧(写真無し) カロリー付き◆

   ◆レシピ一覧(写真有り) カロリー付き◆

posted by はたけ(^ω^)さん at 07:49 | Comment(0) | 目覚め・日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

大豆イソフラボンアグリコン

 前回の記事では、大豆イソフラボンとエクオールの事をメモしてみました。

 女性にとっては、生理後の1週間ほど、エストロゲン放出期がダイエット期と言われています。大豆イソフラボンはエストロゲン様物質とも言われています。 

 実際のサプリメントや食品(豆乳等)に含まれる大豆イソフラボン量というのは、ヒトが摂取した大豆イソフラボン配糖体が、腸内細菌の作用等により、『大豆イソフラボンアグリコン』となるため、大豆イソフラボン量でなく大豆イソフラボンアグリコン量が掲載されています。

 うちで飲んでいる無調整豆乳(CGC)は200mlで31mgもの大豆イソフラボンアグリコンが摂取できるそうです。

 他の豆乳にもばらつきはありますが、7.6〜59.4mg/100gと少ないモノから多量に摂取できる商品があるようです。

 では、大豆イソフラボンアグリコンの1日の摂取目安はいくらくらいか?

 下記の食品安全委員会のサイトで参照図が載っています。


 大豆イソフラボンアグリコンの安全な1日摂取量の上限は、70〜75mg/日。

 食品として摂取する大豆イソフラボンアグリコンの量、12〜22mg/日(日常摂取量)、40〜45mg/日(80〜85%タイル)。

 ★特定保健用食品として摂取する大豆イソフラボンアグリコンの安全な1日上乗せ摂取量の上限は、30mg/日となるそうです。

 私は毎日、無調整豆乳を100mlほど飲みますので、15mgほどは豆乳から大豆イソフラボンアグリコンを摂取していることになりますが、これでは1日摂取量上限の70mg/日に達せず、あまりに少なすぎます。

 先日、産婦人科の先生に、ホルモン療法(カウフマン療法)をしていない時は、大豆イソフラボンのサプリメントを飲んでも良いですか?と尋ねたところ、イソフラボンもOKだし、(大分お高いサプリであり、よりエストロゲンに近い成分)エクオールもOKだと教わりました。
   
 ただし、海外サプリ等は成分にバラツキがあったり成分過剰なため危険なのでダメ。

 国内の薬局・ドラックストアなどで販売されているような、安全性の高いサプリメントを選んでくださいと言われまして、いつもお世話になっている選択肢、DHCのサプリメントを選びました。

 DHCの大豆イソフラボン【吸収型】は、大豆イソフラボンアグリコンが1日2錠で25mg。少ないと思っていましたが、上記の上乗せ目安を考えると、ちょうど良い量と言えるでしょう。

 また、このサプリメントには、骨粗しょう症予防になるビタミンDが5μg、女性の体に必要と言われる葉酸200μg、アマニ抽出物(アレルギーリスク低減物質でα-リノレン酸が豊富)が5mg、乳糖発酵物185mg(ラクトビオン酸83mg)、ホップエキス10mg(殺菌力や自律神経の乱れを緩和する効果がある)が含まれています。

 ホップエキスなど特にDHCのホームページでは効能が掲載されていなかったのですが、調べてみると各成分、役立つ効能を持っていることが判りました。

 ホルモン療法(カウフマン療法)で無事に生理が起こすことができ、お試しでDHCの大豆イソフラボン【吸収型】を飲んでいるのですが、まだ予定日でないため、生理の音沙汰はありません。

 サプリメントで生理周期が取り戻せたら凄いのですが、私の場合、他の診療科のお薬で高プロラクチン血症など発症していますので、そう簡単には周期が整うとは思っていません。

 3月にまた産婦人科ですので、それまでにサプリメントの結果がでるか? ホルモン療法をまた行うか? 女性の体は面倒なことが多い気がしますが、仕方ないと思って過ごすことにします。

糖尿病食レシピ
   ◆レシピ一覧(写真無し) カロリー付き◆

   ◆レシピ一覧(写真有り) カロリー付き◆

posted by はたけ(^ω^)さん at 02:04 | Comment(0) | 健康に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

大豆イソフラボンとエクオール

 今、私は高プロラクチン血症のため、生理が数カ月止まってしまいまして、今月から産婦人科の処方によりカウフマン療法を受けています。

 カウフマン療法について単純に言えば、生理が来た直後の状態という前提で、お薬としてエストロゲン(卵胞ホルモン)を初期にのみ、数日後から追加でプロゲステロン(黄体ホルモン)を飲みます。

 私の場合、エストロゲンはプレマリンというお薬、プロゲステロンはルトラールというお薬を処方されています。
  
 まだ肝心の生理が来たわけでは無いのですが、もの凄いダイエット効果があったのでお知らせします。

 一般に生理が終わった直後からのエストロゲンだけの時期(卵胞期)は、ダイエットチャンス期と言われています。

 そして、私も数カ月ぶりにエストロゲンを人工的に摂取したら、4kgも減量できました

 ず〜っと停滞か微増状態だった体重。 卵胞期=ダイエットチャンス期、恐るべし効果!

 では、毎月のようにカウフマン療法を行えば、ダイエット効果抜群では?と思う方もいらっしゃるでしょう。
  
 エストロゲン剤であるプレマリンは人工的なモノですし、お薬ですからもちろん副作用があります。

 血圧が上がったり、人によっては酷い頭痛がするそうです。頭痛が酷い場合は、即中止と言われました。

 以前(5年前位に)行ったときは毎月のようにカウフマン療法をしましたが、今は3カ月程度に1度、生理を起こさせれば良いようです。目安としては、6カ月生理が来ないのは、良くないそうです。

 数日後、プロゲステロンを一緒に飲み始めると、徐々にダイエット停滞期に入ります。便秘っぽくなるし、お腹は猛烈に空くし。

 一緒にエストロゲンも摂取してても、ダイエットすら停滞するのですからプロゲステロンの影響はもの凄いモノなのでしょう。

 ただ一応ですね、ダイエット効果の見られたエストロゲンの方には、食品やサプリメントで補えることもできるんです。

 それが、大豆イソフラボン。 時々ブームになる、大豆イソフラボンですよ。

 豆腐や豆乳とか、サプリメントで摂取するくらいに留めておけば、美容要素としても良い成分ですし、更年期の方や閉経後の方にも骨粗しょう症予防・骨を丈夫にする意味でも、大豆イソフラボンの摂取をお勧めします。

 ただ、大豆イソフラボンでも効果が得られない人がいます。

 それは大豆イソフラボンから『エクオール』という成分に体内変換できるか・できないか?という個人差が影響するからです。

 食事から摂った大豆イソフラボン(ダイゼイン)は腸から吸収されますが、そのときに、ダイゼインという成分のまま吸収される人と、エクオールという成分として吸収される人がいます。この違いによってイソフラボンの健康効果に差がうまれ、エクオールの方がより高いエストロゲン活性を持つことがわかってきました。


  エクオールとして吸収できるかは、腸内細菌の違いがどうもあるようで、腸内でどの形で吸収されるかで、高いエストロゲン活性を持つようです。この『エクオール』を腸内で産生できる日本人は50〜60%程度といわれています。

 参考元>>DHCのエクオール解説

 日本人は欧米人より倍近くエクオールに変換できていたものの、食の欧米化で腸内環境も変わりつつあり、どうやらエクオールに上手く変換できない人が出てきている可能性があります。 

 特にエクオールはサプリメント(DHC)として購入を考えると、結構ね、お高いんですよ。

 また大豆イソフラボンもエクオールも、婦人科系疾患のある方は、お医者様とご相談の上で摂取可能となります。

 私、無理っぽい? 

 そういうわけで、無調整豆乳を飲む日々を続けている、はたけでした。

糖尿病食レシピ
   ◆レシピ一覧(写真無し) カロリー付き◆

   ◆レシピ一覧(写真有り) カロリー付き◆

posted by はたけ(^ω^)さん at 07:32 | Comment(0) | 健康に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

サプリメント(健康食品)は軽減税率で8%だった

みなさん、お久しぶりです(´ω`)本格的に寒くなってまいりました。 

 前回の記事で、消費増税前にダイエットサプリメント(および化粧品の類)を、DHCで爆買いしたと書きました。

 ですが、その後に気づいたことで、DHCのサイトに以下の文言がありました。

なお、健康食品、食品、飲料水は軽減税率が適用されるため、従来どおり8%の消費税を申し受けます。税込価格の変更はございません。


 そうか、サプリメントは基本『食品』扱いだから、軽減税率となって10%に増税でなく8%のまま・・・(´・ω・`)急いで爆買いする必要はなかった。。。

 ガチョーンな気分になったけど、まぁ必要なものだったので、良いかと楽観視しています。

 ちなみに、ファン〇ル社のサイトも見ましたが、商品には税込価格と書かれているのは分かるものの、サプリメントが8%計算なのか分かりませんでした。注意書きやお知らせ欄が判らなかったので謎でして、こういうことは明記した方が良い気がしたりする・・・(´ω`)

 ミネラルウォーターは8%だけど、水道水は10%になったので、今後の生活は気をつけないといけないと、改めて思った次第です。
糖尿病食レシピ
   ◆レシピ一覧(写真無し) カロリー付き◆

   ◆レシピ一覧(写真有り) カロリー付き◆

posted by はたけ(^ω^)さん at 08:22 | Comment(0) | 目覚め・日記・雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
はてなブックマーク数 ダイエット にほんブログ村 料理ブログ ダイエット料理へ にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ