肥満度・理想体重を計算    畑のきのこ〜糖尿病食のレシピ

糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表 糖尿病の食事レシピ 糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表  カロリー計算付き 糖尿病食ダイエットレシピ 糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表




2014年05月29日

牛肉とごぼうのしぐれ煮


goboutogyuunikunosigureni.jpg 新ごぼうの美味しい季節になりました。

 今のごぼうは柔らかめで、食べやすいと思います。

 また、今回の牛肉とごぼうのしぐれ煮の味付けは、市販のすき焼きのたれだけですので、とても簡単です。



<材料とカロリー(3人分)>

 ごぼう          1本    40kcalくらい
 牛肉(薄切り)    120g   160kcal

 すき焼きのたれ   大さじ5   150kcal(目安)
 水            大さじ5   

(今回のすき焼きのたれは濃縮タイプのため水を同量使用しています。市販のたれによって、味の濃さも希釈率も異なります。味見で好みの濃さにしてください)

 計 350kcal、1人117kcal(目安)。

 糖尿病食では、80kcalを1単位と換算し、1食5〜6.6単位に抑えることをここでは目指しています。

 一人117kcalならば約1.5単位ですので、ご飯半膳(80kcal・1単位)で2.5単位。

 汁物や副菜をあと2.5〜4.1単位ほど加えることができます。



■作り方と応用■

★味付けごぼうは炊き込みごはんに、ボリュームにかけたら溶き卵をプラス。

 ごぼうは泥を洗い流して、ささがきにします。私は包丁でなくピーラーを使っています。

 ささがきにしたごぼうは水を張ったボウルの中でよく洗います(茶色い灰汁が酷いようなら2回以上)。 

 また、ごぼうを柔らかくするために、ボウルの中で洗うときはもみ洗いすると良いです。

 灰汁抜きのため30分ほど、ささがきごぼうを水につけておきます。

 その間に、牛肉の薄切りを一口サイズに切っておきましょう。

 ごぼうの灰汁抜きが終わったら、よく絞って鍋(またはフライパン)にささがきごぼうを敷き詰めます。

 すき焼きのたれと水を合わせたもの(味見をして少し薄いくらいで構いません)を入れます。

 まず、ごぼうだけをすき焼きのたれで煮ていきます。ごぼうが醤油色になるまで煮ます(10分〜15分程度)。


★ここまでで出来た味付きささがきごぼうですが、多めに作って一部をタッパーなどにとっておき、後日、2合ほどのお米と一緒に炊いて、ごぼうご飯にするという裏技もあります。


 ささがきごぼうに味が付くまで煮たら、最後に牛肉をしゃぶしゃぶするように入れていきます。

 (煮詰まり過ぎて水分が少ないようなら、水を加えてから肉を加えてください)

 一気に肉を入れると身が固まったり硬くなってしまうので、弱火でしゃぶしゃぶするように入れることをお勧めします。


※今回は緑のものとして、インゲンを電子レンジで加熱したものを切って散らしてあります(カロリー計算には含んでいませんが、インゲン2本分なので、カロリーに大差はないと思います)。万能ねぎなどあったら、飾りつけに散らしてください。

★これで、しぐれ煮の出来上がりですが、食べ盛りのお子さんや働き盛りのお父さんには、ボリュームが足りないかもしれません。その時は溶き卵を入れて、柳川風にしてみるのもお勧めです。

1つで約80kcal(1単位)です。


糖尿病食レシピ
   ◆レシピ一覧(写真無し) カロリー付き◆

   ◆レシピ一覧(写真有り) カロリー付き◆

posted by はたけ(^ω^)さん at 12:35 | 糖尿病食レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
はてなブックマーク数 ダイエット にほんブログ村 料理ブログ ダイエット料理へ にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ