肥満度・理想体重を計算    畑のきのこ〜糖尿病食のレシピ

糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表 糖尿病の食事レシピ 糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表  カロリー計算付き 糖尿病食ダイエットレシピ 糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表




2016年06月26日

健康づくりに奇策なしと心得る

 最近、『3分診療時代の長生きできる受診のコツ』という本を読んでいます。

 その中で、健康づくりに奇策なしと心得るという章があります。

 ちょっと、引用させていただこうかと思います。

186〜187ページより引用

『 極論や思い込みも多い健康本。ときには宣伝も

 書店には「◯◯健康法」、「××で病気が治る」、「長生きしたければ△△せよ」という本があふれています。そのなかには著者の思い込みだけで科学的根拠がないものも多数あります。実際にやってみて効果がないものや続けにくいものはブームが去ったらすぐ廃れてしまいます。効果があるほんものの健康法は一過性のブームで終わらず、世界中に広まって定着していきます。

 (中略)

 健康情報の提供の形をとった商品の宣伝もときには見られるので要注意です。
 健康本・健康情報サイトを最後まで読んでいくと、高額な健康食品の宣伝や健康法教室の案内が書いてあるものがあります。はじめから宣伝と分かるようにしてくれれば区別しやすいのですが。著者の名前をネットで検索してチェックすると、そうした商売をしているのかいなかすぐにわかります。』

 このブログはダイエットの中でも、糖尿病食をメインにして大半のダイエットメニューを公開しています。(一部、ダイエットとは言いがたい妥協メニューもありますが)。

 このダイエットブログのように、いちいちカロリー計算しているのは面倒なことですし、きっちりやっていると、味わうことを忘れて疲れる食事になってしまうことだってあります。

 そういう時は、多少の妥協もアリとしています。

 大事なのは、じっくり噛んで、よく味わうこと。ファストフードでは、ダイエット効果はあまり無いでしょう。


 さて、ダイエットは健康分野でも、特にブームが次々と湧いて出てくるものですよね。

 上記の本でも書かれていますが、怪しいブームも時にはあります。

 こんなハードな運動ダイエットがどれだけ続くのか???

 数年前を思い出してください。。。過去にブームになったダイエットを、現在も周囲の人・大多数の人が継続していらっしゃるでしょうか???

 続けているのなら、それは良いダイエット法なのでしょう。


 ウォーキングや軽い筋トレが良いなどの、基本的な運動ダイエットはここ数年続いていますから、ハードに頑張らず継続できれば良いダイエット法と言えるでしょう。

 肉体的にも経済的にもハードでないものが、定着する良いダイエットだと考えています。


 怖いのは、俗にいう、『エセ科学』でしょうかね・・・。

 誰のとか、どのダイエット法とは特定を避けますが、ネット検索して悪い評判があるものは、正直、私でもお勧めしません。

 中には学会からの質問状にも答えない健康法ダイエット考案者・科学者と言う人もいらっしゃるようですし。誰とは言いませんが。。。


 ご自身が試しているダイエットで、実感がわかない、効果が出ない、サプリメントなどなら副作用(下痢・便秘・肌荒れなど)がある場合は、まずは手軽なところで、インターネットで検索して口コミを調べてみてはいかがでしょう。


 私は最近、サプリメントを試してみたいと思ったら、『@コスメ』という巨大口コミサイトさんの書き込みを、まずチェックするようになりました。あと、Amazonとかのネット販売での口コミ欄ですかね。。。

 他にも、サプリメントの「名前」と「口コミ」という単語でGoogle検索すると、良くも悪くも口コミ情報は集まります。


 なお、『@コスメ』さんを例にすると、化粧品が大多数ですが、サプリメント・健康食品の体験談もあり、★がいくつついているかで評価がされます。また、副作用があったか、主作用の効き目は良いかなど情報が集まっています。

 注意すべきことがあるとしたら、口コミの『数』が多いからといって、良い商品かは判らないもの。

 『キャンペーンで◯◯様からいただきました、3日試してみていい感じです〜・・・』くらいしか書かれていない・・・数日という即効性よりも、長期利用者さんの『追記』がある口コミの方が、個人的には信頼できます。

 また具体的な成分が書いてあるかと思いきや、販売メーカーの売り文句がコピー&ペーストされたような、宣伝文句状態の書き込みも少なからずある事でしょうか。

 色々調べて、サプリメントにも副作用や評価の良し悪しがあると判ると、試すか試さないかも、自ずと決まってきますよ。


 もし、サプリメントや化粧品類などで、副作用などを疑っている方がいらっしゃる場合。

 内科・総合内科・皮膚科・産婦人科、もしくは『かかりつけ薬局』の薬剤師さんなど、症状に合わせて相談に行っても良いと思います。

糖尿病食レシピ
   ◆レシピ一覧(写真無し) カロリー付き◆

   ◆レシピ一覧(写真有り) カロリー付き◆

posted by はたけ(^ω^)さん at 10:36 | Comment(0) | 健康に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
はてなブックマーク数 ダイエット にほんブログ村 料理ブログ ダイエット料理へ にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ  
この記事へのコメント