肥満度・理想体重を計算    畑のきのこ〜糖尿病食のレシピ

糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表 糖尿病の食事レシピ 糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表  カロリー計算付き 糖尿病食ダイエットレシピ 糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表




2016年07月27日

糖質制限ダイエットはちょっと問題あり

 みなさん、おはようございます(・ω・)

 今日は糖質制限ダイエットについて、興味深いアンケート記事を見つけましたので、ご紹介しようと思います。

 もう、知れわたていると思うのですが、糖質制限ダイエットというのは、ご飯やパン、細かく言えばドリンクや調味料に至るまでの炭水化物(糖質)をできるだけ摂取しないというものです。

 糖質の代わりに、タンパク質や脂質といったカロリーは(ほぼ気にせず)取り放題!といった、単純明快なダイエット法です。(もちろん、野菜をたくさん摂取した方が良いのは当たり前なんですが・・・)。

 ただ、問題なのは副作用的な症状が出てくるということです・・・。



 ここで、糖質制限ダイエットに関するアンケート記事を引用させていただきます。

 『糖質オフ(制限)ダイエットの実践者315名に、ダイエット時にどのような体調変化があったかを確認したところ「ダイエットが原因で体調不良になった経験がある」と回答したのは159名(50.5%)と、実に2人中1人もの女性が、なにかしらの体調不良を感じたと回答している。体調不良の細かな内容を見ていくと「集中力がなくなった」(32.1%)「頭がぼーっとするなど、無気力になった」(30.2%)「イライラしやすくなった」(26.4%)といった精神的な側面だけでなく、「肌がぼろぼろになった」(15.7%)「体臭が強くなった」(5.7%)「口臭が強くなった」(4.4%)といった肉体的な変化についても声が上がった。』


 このようにですねぇ、32.1%の人が集中力が無くなり、30.2%の人が頭がボーっとしたり無気力になったり、26.4%の人がイライラしやすくなるという結果が得られました。

 それもそのはずなんですよ。

 糖質=糖分(炭水化物)というのは、素早くエネルギーになり、脳へ達して脳の活力となります。

 糖質制限をして糖質不足になれば、脳内のエネルギー不足で、頭がボ〜ッとしたり、集中力が無くなったり、中にはイライラ症状を呈する人だって出てくるのは当然のことなのです。


 また、糖尿病学会のホームページで掲載されている、PDFファイルを読み解くと、次のような記載がされています。

 『2006年に報告されたメタ解析は、低炭水化物食は6カ月までに有意な体重減少をもたらすが、1年で両群に差はなくなり、低炭水化物食では血中LDLコレステロールの増加をきたすと指摘している(13)。』

 『能登らは最近、炭水化物摂取量と心血管疾患のリスクならびに死亡率との関係について従来の研究のメタ解析を行い、低炭水化物食では心血管疾患のリスクは低減せず、総死亡率は有意に増加したと報告している(17)。』


 6か月くらい緩い糖質制限ダイエットをされる分には、問題なさそうなんですが、1年以上ストイックに行うとなると、他の健康値に問題が出てくるようなんですね、糖質制限ダイエットというのは。

 私も夕食だけごはんを完全カットするという、ちょっとキツ目の糖質制限を行った時期がありますが、すご〜くイライラする日が続き、食事が楽しくない一時となりました。

 一緒に食事をする、家族も迷惑だったと思います。。。

 今は基本、炭水化物は少な目を食べながらの糖尿病食ダイエットで、冬に増加した分くらいは減少しています。

 ですので、糖質制限ダイエットを実践している、または実践しようと考えている人は、全ての食事から糖質を排除するというストイックなものでなく、1食のごはんを少なめにするとか、市販の菓子パン・総菜パンを止めるとか、それくらいにしておくのが良かろうかと思う次第であります。


 なお、この『ダイエットブログ』および『畑のきのこ』の両ブログで紹介しているレシピでは、基本ごはんは茶碗半分の量(1単位80kcal)程度が望ましいと考えています。

 また、よくブログレシピをご覧の方ならご存知かと思いますが、麺類レシピの場合、2人分の材料で3〜4人分に分けています。

 麺料理の炭水化物を、市販の規定量よりは少なめに分割して、家族でシェアして食べているというわけです。

 もし、1人暮らしの方の場合なら、1人前を半分にして・・・パスタなら1束100gの乾麺を、半分の50g程度にして使用するなどの工夫をするといった要領です。

 この方法は、内分泌科の先生からも、お許しを得ている方法ですが、血糖値が高い人・体重が多い人・BMIが高い人の場合の話しです。

 既に痩せ気味の人が行うことは推奨しません。バランスよく栄養を摂取して下さいね。


 そういうわけで、こっそりひっそり、ゆる〜い低炭水化物にプラスして、カロリーや栄養バランスを考えた食事をしている、はたけより朝のお知らせでした。

糖尿病食レシピ
   ◆レシピ一覧(写真無し) カロリー付き◆

   ◆レシピ一覧(写真有り) カロリー付き◆

posted by はたけ(^ω^)さん at 06:38 | Comment(0) | 健康に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
はてなブックマーク数 ダイエット にほんブログ村 料理ブログ ダイエット料理へ にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ  
この記事へのコメント