肥満度・理想体重を計算    畑のきのこ〜糖尿病食のレシピ

糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表 糖尿病の食事レシピ 糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表  カロリー計算付き 糖尿病食ダイエットレシピ 糖尿病食ダイエットレシピ 一覧表




2020年01月23日

大豆イソフラボンとエクオール

 今、私は高プロラクチン血症のため、生理が数カ月止まってしまいまして、今月から産婦人科の処方によりカウフマン療法を受けています。

 カウフマン療法について単純に言えば、生理が来た直後の状態という前提で、お薬としてエストロゲン(卵胞ホルモン)を初期にのみ、数日後から追加でプロゲステロン(黄体ホルモン)を飲みます。

 私の場合、エストロゲンはプレマリンというお薬、プロゲステロンはルトラールというお薬を処方されています。
  
 まだ肝心の生理が来たわけでは無いのですが、もの凄いダイエット効果があったのでお知らせします。

 一般に生理が終わった直後からのエストロゲンだけの時期(卵胞期)は、ダイエットチャンス期と言われています。

 そして、私も数カ月ぶりにエストロゲンを人工的に摂取したら、4kgも減量できました

 ず〜っと停滞か微増状態だった体重。 卵胞期=ダイエットチャンス期、恐るべし効果!

 では、毎月のようにカウフマン療法を行えば、ダイエット効果抜群では?と思う方もいらっしゃるでしょう。
  
 エストロゲン剤であるプレマリンは人工的なモノですし、お薬ですからもちろん副作用があります。

 血圧が上がったり、人によっては酷い頭痛がするそうです。頭痛が酷い場合は、即中止と言われました。

 以前(5年前位に)行ったときは毎月のようにカウフマン療法をしましたが、今は3カ月程度に1度、生理を起こさせれば良いようです。目安としては、6カ月生理が来ないのは、良くないそうです。

 数日後、プロゲステロンを一緒に飲み始めると、徐々にダイエット停滞期に入ります。便秘っぽくなるし、お腹は猛烈に空くし。

 一緒にエストロゲンも摂取してても、ダイエットすら停滞するのですからプロゲステロンの影響はもの凄いモノなのでしょう。

 ただ一応ですね、ダイエット効果の見られたエストロゲンの方には、食品やサプリメントで補えることもできるんです。

 それが、大豆イソフラボン。 時々ブームになる、大豆イソフラボンですよ。

 豆腐や豆乳とか、サプリメントで摂取するくらいに留めておけば、美容要素としても良い成分ですし、更年期の方や閉経後の方にも骨粗しょう症予防・骨を丈夫にする意味でも、大豆イソフラボンの摂取をお勧めします。

 ただ、大豆イソフラボンでも効果が得られない人がいます。

 それは大豆イソフラボンから『エクオール』という成分に体内変換できるか・できないか?という個人差が影響するからです。

 食事から摂った大豆イソフラボン(ダイゼイン)は腸から吸収されますが、そのときに、ダイゼインという成分のまま吸収される人と、エクオールという成分として吸収される人がいます。この違いによってイソフラボンの健康効果に差がうまれ、エクオールの方がより高いエストロゲン活性を持つことがわかってきました。


  エクオールとして吸収できるかは、腸内細菌の違いがどうもあるようで、腸内でどの形で吸収されるかで、高いエストロゲン活性を持つようです。この『エクオール』を腸内で産生できる日本人は50〜60%程度といわれています。

 参考元>>DHCのエクオール解説

 日本人は欧米人より倍近くエクオールに変換できていたものの、食の欧米化で腸内環境も変わりつつあり、どうやらエクオールに上手く変換できない人が出てきている可能性があります。 

 特にエクオールはサプリメント(DHC)として購入を考えると、結構ね、お高いんですよ。

 また大豆イソフラボンもエクオールも、婦人科系疾患のある方は、お医者様とご相談の上で摂取可能となります。

 私、無理っぽい? 

 そういうわけで、無調整豆乳を飲む日々を続けている、はたけでした。

糖尿病食レシピ
   ◆レシピ一覧(写真無し) カロリー付き◆

   ◆レシピ一覧(写真有り) カロリー付き◆

posted by はたけ(^ω^)さん at 07:32 | Comment(0) | 健康に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
はてなブックマーク数 ダイエット にほんブログ村 料理ブログ ダイエット料理へ にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ  
この記事へのコメント